居住中のマンションを高く売るコツ

居住中の人は必見!マンションを高く売るコツ

マンション売却は居住中にはできないのかといえば、そんなことはありません。
マンションを手放すのに、居住しながら売りに出すのはめずらしいことではなくて、マンションを買うほうの立場からみてもリアルな生活感がわかっていいというメリットもあります。

 

ですが、気をつけたいのは「内覧」の時の対応です。

 

知っているか知らないかの違いが、売却価格に影響するのでざっと読んでおいて下さいね。ちょっとした気遣いがマンションを高く売るコツになります。

 

居住中のマンション

 

 

内覧の評価をあげて高く売る

 

内覧とはマンションの購入希望者が業者さんが自宅を実際に見に来ることを言います。要するに住まいの見学ですね。
この内覧の時にすこし気をつければ物件の評価があがって、マンションが高く売れる可能性が高くなります。

 

室内をキレイに見せることと、当時の印象を良くすることで内覧の評価はあがります。
その結果として、マンションを高く売ることができますから、少しの心配りを大切にして下さい。

 

 

室内をキレイに見せるチェックポイント

5tunopointo

第一印象を決める玄関の見た目を整える

 

玄関はドアを開けて一番初めに見る場所です。玄関前はごみを掃き掃除をして印象を良くしておきましょう。また玄関の土間部分(たたき)は内覧前日に水分を多く含んだ雑巾で水拭きをしてよく乾かしておくと細かいほこりや砂も取れるのできれいに見えます。もちろん、下駄箱の中の掃除も忘れずに。

 

また、内覧者用のスリッパは必需品です。媒介契約している不動産会社が携帯用のスリッパを準備してくれることもありますので、必要かどうかを確認しておきましょう。自分で準備する場合は、多少の出費はしたほうがよく見えるので、玄関や家にあった清潔なスリッパを用意してください。

 

室内を明るくして広く見せる

 

室内は明るくしたほうが広く感じますし、印象もよいです。特に日当たりが悪い場合は証明をすべてつけて内覧者を迎え入れてください。電気代が…とケチっては印象が悪くなります。内覧の間は見ていない部屋もいつでも電気をつけておくようにします。また、カーテンは全開にしておくほうが好印象になります(近所の目線などが気になる場合はレースのカーテンをしても可)白い壁紙で黒ずみや黄ばみなどの汚れがあると目立ちますし部屋の印象も暗くなるので、壁も内覧前に拭いておくようにしましょう。

 

水回りの掃除は念入りにしておく

 

カビ・水垢・油汚れなど手入れが行き届いていない場合は、全体の印象を悪くしてしまうといっても過言ではありません。
キッチン、トイレ、洗面所、お風呂の4大水回りは女性の目が光る部分でもあります。少しのカビや水垢さえも残さないようにピカピカにしておくことが内覧者の女性の心をぐっと引きつけてくれるポイントにもなります。

 

自分で掃除するのが大変なら、水回りだけは専門業者に依頼してもいいぐらいですので、販売戦略を含めて不動産業者の担当さんに相談して打ち合せておきましょう。

 

プライベート空間も嫌がらずに見せる

 

寝室やクローゼットの中は、誰しもが見せたくないと考える場所ですが、嫌な顔をせず見せるようにしましょう。クローゼットは奥行や幅を測ったりしたいものですし、どんな収納なのかを見ておきたいのが内覧者の気持ちです。

 

その気持ちにこたえてあげられるようにしておくようにすることと、クローゼットの中もしっかりと整理しておき印象よくしておきましょう。

 

ニオイのケアをしておく

 

タバコやペットのニオイは独特で自分や居住している家族では気が付きにくいのでしっかりとケアをしてください。
自分では気づきにくいので、不動産業者にマンションの査定に来てもらった時に聞いてみるといいです。

 

ニオイをとるのに効果的な方法はカーテンの洗濯や壁や床のぞうきんがけ、消臭剤(無香もしくは微香が好ましい)を置くなどしてケアをしましょう。内覧のぎりぎりまで換気扇をつけておいたり、窓を開けたりと空気を入れ替えるようにしてください。 ニオイの強い芳香剤や香水を撒く方法はお勧めできません。ニオイに対してニオイで対抗すると混ざり合って不快なニオイに変わることが多いです。

 

 

以上が、お金をかけずにできる内覧前に気を配りたいマンションを高く売るコツになります。
築年数が古い物件の場合は、どこまで手を入れて内覧してもらうか迷うところだと思います。ですが、居住中のマンションをリフォームする必要はないでしょう。

 

【参考】 築30年以上のマンション売却|古いマンションでも売れる条件

 

当日の印象を良くするチェックポイント

3tunopointo

 

笑顔で対応する

 

基本的なことですが、内覧者が家に来たら「よろしくお願いします」と気持ちよく迎え入れましょう。

 

いくら、玄関や水回りなどがきれいで掃除が行き届いていても、オーナーが無愛想だったり身だしなみが汚かったりしたら購入する意欲は失せてしまいますし、印象も悪くなってしまいます。あまりにもヘラヘラとしているのも、不適切ですが、楽しく内覧ができるような雰囲気づくりをして気持ちよく過ごせるようにしてください。
内覧の雰囲気をよくするのも、マンションを高く売るコツなのです。

 

 

質問には気持ちよく答える

 

小中学校の場所や役所、バス停、最寄りのスーパーや病院など、車や自転車、徒歩で何分ぐらいで着くなどの基本的情報は把握しておきましょう。また町内会のことなども聞かれることがあるので快く事実をはっきりと伝えましょう。

 

また、トラブルとして多いのがゴミの問題。燃えるゴミや燃えないゴミなどの収集方法や週に何回捨てられるのかなど、あらかじめ市から配られる紙などをコピーして渡してもいいぐらいですし、小中学校や病院までどれくらいかかるのかなども紙にまとめてもいいです。ちょっとした心づかいは内覧者の心をつかみます。

 

 

デメリットも誠意をもってこたえる

 

マンション売却の場合は、買ってもらったら終わりではなくて売却後にトラブルが起こらないことも重要です。
最終的には、売買契約の書類を交わすわけですが、内覧の時点での質問には誠意をもって答えておくようにしましょう。住んでいて不便だなと感じる部分やマンションの中でのトラブルなど聞かれた場合は、しっかりと嘘をつかないで伝えるようにしてください。

 

ただ、上手に話すコツとして、デメリットの改善する方法やデメリット以上のメリットを話のあとに付け足すことによって、デメリットだけではなくなるので、悪い部分の印象の緩和につながります。

 

まとめ

居住中のマンションを高く売るコツは、

  • できる範囲で生活している空間をいかに良く見せること
  • 内覧者の質問に丁寧に答えることで不安を解消して印象を良くすること

この2点に集約されます。
マンションを良く見せる・印象を良くする努力は必要です。

 

マンションを高く売るという目的があるのですから評価を高めるためにできることはするべきですね。できることはぜひ実行してみて下さい。

 

内覧は来るけど先に進まない場合には?

 

内覧後にすぐに売却に結びつかないということもは珍しいことではないのですが、これが度重なると不安にもなりますよね?

 

媒介契約を結んでいる不動産業者の担当から、どんな理由でお断りが入っているのかフィードバックはもらっているでしょうか?

 

内覧者の好みに振り回せれる必要はないのですが、2件、3件と同じ理由が続く場合は対策をしていく必要がでてきます。優秀な不動産業者の営業担当がついてくれると、このあたりの提案力はさすがと思えるはずです。

 

「うちの担当さんちょっと・・・」という場合は、媒介契約の更新しないで別の不動産業者に変えてみるというのも一つの方法です。
トップページの中古マンション査定のポイントのところで、不動産業者と営業マンの選定がいかにマンションを高く売るために重要かを解説しています。
私の実体験なので、よかったら参考にしてみて下さいね。

 

マンション売却の流れ【必読!中古マンション査定の3つのポイント】