マンション売る時の消費税増税の影響

マンション売るなら消費税8%のうちに!駆け込み需要を狙う

 

不動産の市場に影響を与えるもののひとつに消費税があげられます。
安倍内閣は、2017年4月に予定していた消費税の引き上げを延期しましたがさらに延期されることはないでしょう。

 

日常品を買うのでも、2%の違いは大きいのに、マンションとなればなおさらですよね?

 

消費税で悩む

 

消費税の増税時期

  消費税の増税時期の延期前と延期後
延期前の予定 2017年4月(平成29年4月)
今後の実施予定 2019年10月(平成31年10月)

 

2019年10月には消費税は8%から10%にあがります。

  • この影響がマンション売却をする立場にとってどう影響するか
  • 消費税が増税される前にマンションを売ったほうがいいのか

これらの点について分かりやすくまとめてみました。

 

消費税増税はマンション売却のどこに影響する?

 

これからマンションを売却する人なら、マンションを買った時のことをちょっと思い出してみて下さい。
土地代金の部分には消費税はかかってませんでしたよね?
つまり、マンション売却で消費税がかかるのは建物の部分なのですが、ここで知っておいて欲しいことがあります。
建物代金に関しても、売主が個人の場合は消費税はかかりません。

 

支払いの負担から考える

売り主の立場から消費税増税を見てみると、支払いの負担が増えるとすれば、マンションの売却時に不動産会社に支払うことになる諸費用(登記費用や仲介手数料など)にかかる消費税の差額2%です。
支払いは少ないに越したことはありませんが、客観的にみると売主にとっては、売り急ぐほどの影響は少ないと思われます。

 

では立場を変えて、マンションを買う立場からみたらどうでしょう?

 

実は、消費税の増税は、マンションの買主には大きく影響を与えます。

 

住宅購入時には住宅ローンのシミュレーションをしますから、増税前と増税後のシミュレーションを見ることによって心理的な影響があります。

 

さらに、賃貸住宅からはじめてのマンション購入の場合は、新居に合わせて家具・家電などを買い揃えるでしょう。また、住宅ローンの手数料にも消費税がかかります。引っ越し代にも消費税がかかります。
トータルで出ていくお金のことを考えると、10%に増税される前に「今が買い時でしょ!?」という流れになるのは自然なことです。

 

過去の実績から考える

過去にも消費税5%から8%への増税がありましたが、不動産市場の動きをみると、やはり増税前には駆け込み需要があって、増税後しばらくは市場の動きが鈍くなるという傾向が見られます。

 

こう考えると、消費税の増税前に、駆け込み需要に対してマンションを売り込むというのはひとつの正しい選択と言えるでしょう。

 

 

売り急ぐほど焦る必要はある?

 

では、売り急ぐほど焦る必要があるのでしょうか?
これは所有しているマンションの価値に関係してきます。

 

結論からいうと、付加価値があり、需要があるマンションはどんな時期でも売れます。

 

無理して売却時期を早める必要があるかどうかは、実際に査定をして、現状で需要があるかどうかも冷静に見極めて考えるのが賢明です。

 

仮に、今でも、需要が少ない状況なら、消費税が増税された後はさらに売れない可能性もありますよね?それならば、増税前にマイホームを持ちたいという需要をつかんで、売りやすいときに売るべきでしょう。

 

不人気物件なほど、消費税の増税前の駆け込み需要で売り込むべきです。

 

自分のマンションが、人気物件か、不人気物件かは、いくつかの不動産業者に査定してもらえば簡単にわかります。

 

【関連記事】
このサイトのトップページには、マンション売却の流れがまとめてありますが、余裕をもって売却を進めるには半年ほどは見ておいたほうが無難です。
そうすると、意外と2019年10月はあっという間かもしれません。

 

マンション売却の流れと中古マンション査定のポイント
マンションの売り時はいつ?相場・築年数・住宅ローン金利から分析