不動産相場の調べ方

不動産相場の調べ方

 

不動産相場

 

不動産取引では、路線価を基準に相場を調べることが多いですが、素人にとっては、ハッキリ言って難解です。ですが、不動産業者の営業マンに頼らないとわからないのかといえばそんなこともありません。
このページでは、私が実際に使ってる簡単な不動産相場の調べ方をご紹介します。

 

これからお話する不動産相場の調べ方は、本当に簡単でチラシ感覚で眺められるので知っておくと重宝します。参考にして下さいね。

 

 

私が知ってる不動産相場の調べ方で一番簡単な方法

ネットで無料公開してるサービスで検索します。
使うのは、住友不動産販売のサイトのマンションを売却・査定するというページです。

 

このページの中に「マンション売却サポートメニュー」という部分があります。

住友不動産販売マンション売却サポートメニュー

 

住友不動産販売でマンション売却の相場を調べるページ

 

本当に簡単で便利に調べられますよ。不動産業者を通さないでも、自分が売ろうとしている不動産の近隣の相場がここまでわかれば文句ないです。

 

おすすめの相場検索の方法

地域とメニューの「売却相場を調べる」を選んで検索すると、「売出し中物件の価格表形式の一覧」が表示されます。

 

私は、当面、マンション売却の予定はありませんが、やっぱり自分の家の価値は気になりますよね。なので、今でも時々使って自分の家の価値を調べてます。それくらい使い勝手がいいですよ!
「おっ、この物件この価格なんだ」という感じで、チラシを見るような感覚で売却相場がつかめるので楽しいです。個人的には、路線の駅名で検索するのが使いやすいです。

 

ちなみに、戸建てはこちらで同じように使えます。
住友不動産販売で戸建て売却の相場を調べるページ

 

唯一の弱点は、住友不動産販売が扱っている物件に情報が偏ること。
でも、おおよそ調べるなら、問題はないと思ってます。
これでだいたいの不動産相場をつかんでおいて、いざ、本気で売りたくなったら、マンション売却査定で相場を調べればOKでしょう。

 

王道!?国土交通省が運営するシステムで調べる方法

国土交通省が運営する土地総合情報システムというサイトがあるのですが、その中に不動産取引価格情報検索というのがあります。

 

土地総合情報システ不動産取引価格情報検索で相場を調べる

 

不動産取引価格情報検索

 

これは、過去に実際にあった不動産の取引を検索できるシステムです。
日本地図をクリックして、実際の取引を表示できます。なれないとちょっと使いにくいですが、おそらく不動産取引のほとんどを網羅してると思うので、マニアックに調べたい人にはおすすめかもしれません。
データもダウンロードできるようになってますよ!

 

まとめ

不動産の相場を調べる方法として、私が実際に使った住友不動産販売のサイトと、国土交通省が運営する土地総合情報システムというサイトをご紹介しました。
個人的には、ちょっと知りたいくらいなら、住友不動産販売のサイトがおすすめです。

 

それから、ネットは使いませんが、新聞をとっているなら、折込チラシで入ってくる不動産屋の広告もチェックしておくといいです。
いざ、自分の家を売りに出そうとして時に、こんな見栄えでこうなるというのを知っておくのも意外と大事だなと思っています。

 

もちろん広告には、何件もまとめて物件が載っていますから比較検討もできるしおすすめです。