不動産買取の買取保証

不動産買取の買取保証で大損を防ぐには?

 

買取保証

 

不動産買取の買取保証は、一定期間内に確実に不動産を現金化したい人におすすめの制度です。「売れなかったらどうしよう・・・」そんな不安を解消することができます。

 

でも、何も考えないで買取保証を使うと大損するかもしれません。。
知らないと損する注意点があるのです。
ここでは、買取保証を上手に使って損をしないで不動産を売るコツをご紹介します。マンション売却で大損したくない人は必見です。

 

 

マンション売却の不動産買取で損する典型的なパターン

 

マンションを売却するときに、買取保証の価格は言われるがまま・・・とういのが典型的な買取保証で損するパターンです。
「不動産買取の買取保証なんてどこも相場の6割でしょ?」と思うかもしれません。これが落とし穴なのです。

 

買取保証の内容は不動産業者によって違いますし、買取保証でつける価格も違います。

 

ある不動産業者は相場の6割でしか買い取らなくても、
他の不動産業者は7割、8割で買い取るかもしれませんよ?

 

買取保証の価格は業者によって違う

 

不動産業者としては売れるか売れないかわからないマンションの代金を先払いします。リスクを背負ことになるので通常は相場より割安の価格で買取ります。
買取価格は、買い取った後のリフォーム費用や宣伝費用、融資にかかる諸費用なども考慮されて算出されます。物件が売れないと、これらの費用を不動産業者がかぶることになります。そのため、相場よりも割安の価格で買取るわけですが、どれくらいリスクに感じるかは、不動産業者によって変わってきます。

 

過去に販売実績が多いマンションであったり、立地条件がいいなどの付加価値が認めらえるマンションはリスクも低いです。
そのため、実際のところ、買取価格に差が出ます。

 

だから、買取保証の価格も複数社で比較しないと損なのです。

 

不動産買取でマンション査定をするなら、査定額だけでなく、買取保証を検討していることを伝えて買取保証の価格も出してもらって下さい。この段階だとライバル他社もいるので比較される前提でいい価格を出してくる可能性もあります。
リノベーションして付加価値をつけて販売するのが得意な業者の場合は、査定額が低くても買取保証が意外と高くつくところもあります。

 

買取保証の価格を知っておくことで、

 

査定額が良かったA社で買取保証は付けずに契約して、万が一売れなかったら、買取価格がよかったB社に即時買取で話を持っていく・・・

 

なんてこともできるようになります。もちろん、契約違反にならないように段取りは必要ですが、こうゆう考え方もありですよね?

 

最終的に、現金が多く入ってくるようにするのが一番なので、買取保証価格も必ず比較して、一番メリットが大きくなる選択をしましょう。

 

買取保証の価格の違い

 

買取保証という制度のメリット

 

買取保証というのは、一定の期間だけ希望価格で市場に売りに出して、万が一買い手がつかなかった場合には不動産業者がその物件を買い取るという制度です。
具体的な契約としては、媒介契約を結ぶときに買取保証の項目を盛り込むのが一般的です。

 

買取保証メリットですが、希望価格で売却できる可能性を残しつつ、一定の期日内に確実に不動産を現金化できることがあげられます。

 

不動産を現金化する手段として、即時買取という方法もありますが、この場合は市場で高く売れる可能性を捨ててしまいます。
その点、買取保証ならいったんは市場に売りに出しますから、もしかしたら希望価格で高れる可能性も残せます。

 

要するに、いいとこどり ができます。

 

買取保証と、即時買取の比較

 

買取保証 市場で一定の期間内に売却活動を行い、その期間に売却が成立しなかった場合に、事前に契約していた買取価格で買い取る方法。
即時買取 市場への売却活動を一切行わず、直接不動産会社・買取業者に買取をしてもらう方法。

 

 

即時買取ではなく買取保証にすることで、

  • 不動産売却のメリット
  • 不動産買取のメリット

両方のいいところを取り入れて不動産を手放すことができます。

 

もちろん、買取になったら市場価格よりも低価格にはなってしまいますが、それでも期日に最低限の現金が入ってくることが保証されるので資金計画は組みやすくなります。
そのほか、買取保証の場合は、不動産会社との直接取引になりますから仲介手数料が不要になるというメリットもあります。

 

ただし損したくないなら買取保証価格の比較は必須です。

 

買取保証価格を比較するときには査定額の比較も必須ですから、有利な状態で査定してもらえるようにマンション売却の流れと、査定のポイントを読んでおいてください。
【関連記事】
マンション売却の流れ【必読!中古マンション査定の3つのポイント】

 

ひと手間を惜しんで不動産買取の買取保証で損をしないようにして下さいね。