マンション売却の仲介と買取の違い

マンションの仲介と買取


マンションを売却する方法のひとつに、業者に直接売る「買取」というものがあります。買取は不動産業者が仲介に入って買い手を探すのではなく、直接、不動産業者に売る方法です。

ここでは「仲介」と「買取」の違いと、買取はどのような場合に使うのか、また、買取業者に直接売るメリットについて説明します。

仲介と買取の説明



マンション売却の仲介と買取の違い

まず、知っておきたいのが、「仲介」と「買取」の違いです。仲介も、買取も、両方ともマンションを売却することには変わりないのですが、その違いは図にするとわかりやすいです。


仲介による売却方法

マンションを仲介で売る場合は、不動産業者に買い手を探してもらうので、3者間での取引になります。

仲介


売却希望者は、仲介業者を通じてマンションを売りに出します。購入希望者は仲介業者を通じてマンションを購入します。
一般的なマンション売却はこのパターンで行われることが多いです。



買取による売却方法

買取を使う場合には、不動産業者が買い手になります。そのため、2者間での取引になります。

買取


2者間での取引になりますから、購入希望者は出てきません。

仲介にも買取にも、それぞれメリットとデメリットがあります。マンション売却を成功させるには、仲介と買取を状況にわけて使い分ける必要があります。

ここから先は、買取業者に直接売るメリットとデメリット、どんな時に「買取」を使ったら良いのかを分かりやすく説明したいと思います。


買取で売るメリット

「買取」では、不動産業者が買い手になるので、次にようなメリットがあります。
  • 短期間で確実に売却できる
  • まとまった資金が早く手に入る
  • 宣伝活動が不要
  • 仲介手数料が不要
  • 瑕疵担保責任が免除される

短期間で売却


短期間で確実にマンションを資金化できるのが、買取の最大のメリットです。
宣伝活動も不要なので、内覧で人が出入りするストレスもないですし、仲介手数料が節約できるメリットも大きいです。

瑕疵担保責任は、聞きなれない言葉だと思うので少し説明しますね。

瑕疵担保責任とは?

瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)
”一般の人では簡単に発見できないような瑕疵 (欠陥) があった場合,売主などの引渡し義務者が,買主などの権利者に対して負わねばならない担保責任のこと。”

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典より引用



仲介でマンションを売却した場合は、売却してから1年以内に不動産に何らかの欠陥が発見されたら修復の義務が発生します。これは、、瑕疵担保責任によるものです。ところが、買取で不動産を売却した場合には瑕疵担保責任は免除されるのです。リスクがひとつ軽減されることになります。

こんなメリットがある買取ですが、デメリットもありますのでこちらもしっかりおさえておきましょう。


買取で売るデメリット


まず、買取のデメリットとしてあげられるのは、仲介よりも低価格での取引になるということです。

買取の場合は、業者が買取した物件をリフォームをして、それから販売されることがほとんどです。ですから、そのリフォーム費用が買取価格から差し引かれるのが一般的です。
買取による売却価格は、市場価格の60%前後だと言われています。

市場価格との差額40%の内訳は、不動産会社が算出する金額なのでわかりません。つまり、業者の言い値での取引なる可能性が高いのです。



こんなに安く買い取られるなら、仲介で売ったほうがいいと思われるかもしれませんよね?でも、買取にするほうが好まれるような状況も存在します。


不動産買取が好まれる状況


買取が好まれるのは、市場価格の60%前後でもいいから早くマンションを現金化したい場合や、事情があって広告・宣伝活動ができない場合です。

相続の関係で売却を急いでいたり、ご近所との兼ね合いで、物件を売りに出したこと自体を知られたくないという方は意外と多いようです。それから、二重ローンを避けるために早く売りたいという方もいらっしゃいますね。総じて買取価格がローン残高よりも大きくなる場合に買取を検討されるケースが多いです。

それから、住み替えの場合は、「購入が先か、売却が先か」という問題が付きものですが、住替えにおすすめの売却方法として、買取保証というものがあります。


いいとこ取り!買取保証

買取保証が好まれるのは、例えば、建設中のマンションを購入予定で、住み替えに合わせて確実に現金化したい場合などです。
この場合は、最初は、仲介売りに出して、期日が来ても売れなかった場合に限って買取を行います。

買取保証については損をしないためのポイントがあるので別記事にまとめています。

【参考】 不動産買取の買取保証で大損を防ぐには?


いずれにしても損をしないために


マンション売却で損をしないで売るためには、仲介と買取の違いを知って使い分けることが必要です。
マンションが高く売れるのに越したことはありませんが、売却の希望時期が極端に短かったり、ご近所の目が気になったり、総合的に考えると買取のほうがメリットが大きこともあります。

そして、仲介と買取、どちらをとるにしても、不動産業者選びは大切です。
仲介ではなく買取を希望するのなら、なおさら、物件を高く評価する不動産業者に売るほうが高く売れます。もし、買取保証を付けるなら、その金額も考えて不動産業者を比較検討しましょう。リフォームの子会社をもっている業者なら、買取価格が60%ではなくて70%になるかもしれませんよ?

仲介にしても、買取にしても、不動産業者の査定価格を比較する一手間を惜しまないようにすることが大切です。