マンション売却の相見積もり

マンション売却の相見積もりが必須の理由

 

私は、個人でマンション売却をした経験からマンション売却で相見積もりは必須だと思っています。
ネットや本を読んでいると、
「査定価格は取引事例比較法から算出されるので査定価格に差は出ない」
こんな風に説明されていることもあります。私も、この考え方は間違いだとは思いません。

 

でも、やはり、マンション売却で相見積もりは必須だと思います。ここでは、私の経験から後悔しないためのマンション売却の方法として相見積もりが必須となり理由をお話ししていきたいと思います。

 

相見積もり

 

不動産業者に販売の得手不得手がある

 

確かに、取引事例比較法をベースに算出した査定額は大差ない場合もあります。
でも、現実問題、不動産業者には取扱い物件の得手不得手が存在します。

 

私がマンションを売却した時には、相見積もりをすることで、購入希望者のリストをもっている業者に出会えました。その結果として、購入価格よりも420万円高く売っています。
運が良かったといえばそれまでですが、適当に駅前の不動産業者に入ったらこの価格では売れなかった思うのです。

 

ただし、ポスティングするような不動産業者は「釣り広告」というのもある注意して下さい。
私が住んでいたマンションにも、「このマンションの購入希望者がいます」的は広告がよく入ってきましたが、それは事実ではない部分がありました。購入希望者のリストをもっているかどうかは、実際に査定してもらって、販売計画を聞いて判断しましょう。

 

 

営業マンの能力に違いがある

 

私を担当してくれた営業マンは本当に優秀でした。
実際、査定価格は複数社で大差はなかったのですが、営業マンの彼を選んで不動産業者を決めたようなものです。

 

査定額以上に、高く売るための提案をしてきてくれました。
複数の会社で査定していなかったら、こんな営業マンと出会っていないという思いがあるので相見積もりをおすすめしてしまいます。

 

結局、人と人のやり取りになるので、相性が少なからず出てきます。査定価格だけでなく、人を見るためにも相見積もりが必要だと思っています。
信頼できる営業マンと手を組んだほうが、やはり、マンションは高く売れると思います。

 

信頼できる営業マン

 

 

売り出し価格にも違いが

 

不動産業者の得手不得手と、営業マンの能力の違いを理由に、マンション売却の相見積もりをおすすめしましたが、その結果として、売り出し価格が変わったりもします。

 

査定価格は、そのまま売り出し価格ではないです。
売り出し価格は、あなたがいくらで売りたいかをもとに、不動産業者の営業マンと相談して決めることになります。

 

私の場合のように、顧客リストをもっていたり、売り出すタイミングの選び方がうまかったりすると、査定価格以上でも売れるのです。

 

最初から、「そんな価格じゃ売れませんよ」という営業マンと、「一度強気で行ってみましょうか!」と言ってくれる営業マン、あなたはどちらを選びたいですか?
比較して選べるのも相見積もりをしていればこそなのです。

 

 

まとめ

私の経験から、マンション売却で相見積もりをおすすめする理由をお話ししてきましたが、いかがだったでしょうか?
このサイトのトップページでは、相見積もりの手段として、不動産一括査定をおすすめしています。

 

不動産一括査定についても、賛否両論あるかもですが、うまく使えば効率的に複数業者から見積もりをとることができます。
使い方のコツもまとめているので、参考にしてみて下さい。

 

マンション売却の流れと中古マンション査定の3つのポイント